2019年7月22日月曜日

ファイナンスコースのお知らせ


来年度入学者より、ファイナンスコース開設!

 

 

 

 

 

 

 

8月2日(金)オープンキャンパスで体験授業!

今年度初登場の経営学部の吉田靖です。
さて、20204月以降の経営学部入学者を対象に新たにファイナンスコースが開設されます。
このコースは、下図のように、法律分野、会計分野、経済学分野、情報・データサイエンス分野をバランスよく学べるのが特徴です。これらの複数の分野を学ぶことにより、進歩が著しいファイナンス分野で活躍できる卒業生の輩出を目指します。


また、ファイナンスコースの開設を記念して、本学にて開催のオープンキャンパスのうち8月2日(金)に、「ファイナンスを学んで拡げるあなたの未来」というタイトルで、体験授業を私の担当により実施しますので、是非おいで下さい!



       ファイナンスというと、まず経済学や金融の授業が思い浮かぶかもしれませんが、これらの知識だけでは実務では全く十分ではありません。この分野で資格を取ったり、何か新しいことを始めたりするには、法律の知識が必要不可欠です。そして、企業を分析するには、財務データを理解するために会計の知識も必要です。さらに分析に進むには、統計学などに基づくデータサイエンスを学ぶ必要があります。
入学後、これらの分野を効率よく学ぶために以下のようなカリキュラムになっています。その他に沢山の授業科目がありますが、ここには例としてごく一部の代表的な科目を掲載しています。これらを第1年次の入門的科目から、その後の専門的科目まで順に学べるカリキュラムになっています。
 
  
それに加え、本学では、知識のみならず、実践的な勉強ができるよう、図書館に充実したデーターベースを用意し、第1年次の少人数の演習形式の授業から、第2年次以降のゼミ、第4年次の卒業研究まで、データーベースを活用して、最新のデータによる分析が可能になっています。このデータベースを使えば、例えば日本の全上場企業の直近の決算データや今日までの株価データを僅かな操作で、PCにダウンロードして、統計分析を行うことが可能になっています。

ファイナンスは抽象的な理論を勉強するだけでなく、実際の沢山のデータによる検証を行うことが可能な学問です。講義形式の授業で理論を学ぶだけでは本当に使える実力はつきません。入学した学生の皆さんがデータベースを使いこなせるような環境にすることを我々は非常に重視しています。

最近では企業の財務データや経済指標だけではなく、文書データや画像データも対象とするなど、さまざまな発展が期待されています。皆さんのアイディアをチャレンジする環境が整っています。
さらに、ファイナンスと情報テクノロジーが融合したフィンテック急速に実社会に浸透しています。そのため、これらに対応できる人材が求められています。対応できない人の仕事は人工知能に取って代わられるなど、明らかな差がますます拡がりつつあります。以上のように、ファイナンスコースでは、多学識豊かな教授陣が彩な授業科目で皆さんの未来を拡げるお手伝いができるよう準備し、入学をお待ちしています。

0 件のコメント: